現在位置
トップページ > CSR > 「安全」「安心」「健康」へ > 「食の安全・安心」へのこだわり

CSR

「食の安全・安心」へのこだわり

一杯のコーヒーから毎日のランチ、ディナーまで、バラエティ豊かなメニューを心地よいサービスをお届けするのがセブン&アイ・フードシステムズです。
私たちの企業行動の原点、7つの信条の中の1つが「食の安全・安心はすべてに最優先」です。
こちらでは、安心して召し上がっていただくための、安全な素材への取り組みと衛生管理などについてご紹介します。

独自の品質基準を定めた『取引条件書』などで、食材のチェックへの取り組み改善を図っています。

セブン&アイ・フードシステムズは、旬の素材を使った斬新なお料理を楽しんでいただくために、常に新しい産地やメーカーから食材を導入しており、その数は年間約1000種類以上にものぼります。
新しい食材を導入する際には、独自の品質基準を定めた『取引条件』を基に、原材料・添加物、アレルゲン物質の有無、加工調理方法、品質管理状況などを厳しくチェック出来るよう、また、当社基準に適合したものだけを購入・使用出来るよう、日々、食材のチェックへの取り組み改善を図っています。
また、例年継続的に仕入れている食材についても、定期的にお取引先の工場を視察し、適正な管理が行われているかなどを確認する取り組みも進めています。

セブン&アイ・フードシステムズQC室は、ISO9001を取得しています。

安全な食材を調達するためのトレーサビリティの仕組みに取り組んでいます。

デニーズのサラダ

=デニーズのサラダについて=
多くの種類の野菜を使ったメニューを食べられるのも、レストランならではの楽しみ。デニーズでは、色々な素材を組み合わせたサラダから十数種類の野菜を摂れるメニューと、数多く取り揃えています。
これらに使用する野菜は、季節や収穫状況・品質などをふまえて、お客様にご満足いただけるよう、全国各地に産地を選定し、契約を行い、独自の管理基準で安全性の確認をし、供給を行っています。
そして、季節や収穫状況に合わせて産地を変更する「産地リレー」を実施しており、安全で、おいしい野菜を安定的に調達する体制を整えています。

「ISO9001」JQA-QMA12775とは…

お客様の信頼に応えるために、品質管理部門では認証機関にて正式に認められた資格(ISO9001)を取得(登録証番号JQA-QMA12775)し、食中毒防止策や従業員教育を徹底して店舗へ指導しています。
そして、お取引先各工場へも踏み込み、確認、検査を行っています。

※ISO9001登録活動範囲 : 店舗における食品衛生管理システムの企画と提供

店舗と本部QC室の連携による衛生管理

図:店舗と本部QC室の連携による衛生管理

お客様に安全でおいしいお料理を提供するために、セブン&アイ・フードシステムズでは各店舗の食品衛生責任者が店舗の衛生管理、従業員教育にあたっています。
また、店舗で働く従業員に衛生管理に関わる注意事項をまとめたマニュアルやハンドブックを配布し、賞味期限管理の方法、手洗いや身だしなみのルール、ダスター(清掃用具)の使い方などを指導しています。
店舗でのこうした日常的な衛生管理に加え、本部のQC室では、店舗の衛生管理状況の検査や製品チェックをしているほか、店長に対する衛生指導。従業員の意識啓発のためのポスターや手順書作成などに取り組んでいます。

製品事故の防止

セブン&アイフードシステムズでは、食品以外にも、玩具など、さまざまな商品を販売しています。これらの商品においては、「消費生活用製品安全法」「製造責任(PL)法」「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」などの法令のほか、素材・加工方法などに関する業界基準が設けられています。
デニーズでは、店舗レジまわりで販売している玩具・雑貨・喫煙具(ライター)についても、仕入段階で安全性を確認し、全ての商品について「生産物賠償責任(PL)保険※」を取得しています。
また原則として、玩具・雑貨については(社)日本玩具協会もしくは(財)日本文化用品安全試験所の検査に、喫煙具については(財)日本喫煙具協会もしくは(財)製品安全協会の検査に合格していることを仕入条件としています(一部PL保険のみの商品もあります)。

※生産物賠償責任(PL)保険
製造・販売した商品・サービス(生産物)の欠陥によって事故が発生し、消費者など第三者に身体的・財物損害を与えた場合に、その賠償金などを補填する保険。

「安全」「安心」「健康」へTOP

ページのトップへ