現在位置
トップページ > CSR > CSRアクション > エコマーク認定レストラン

CSR

エコマーク認定レストラン

セブン&アイ・フードシステムズは、展開するファミリーレストラン「デニーズ」全店で飲食店として初めてエコマーク認定を取得しました。

エコマーク認定店舗

<エコマークについて>

エコマーク授与

国際標準化機構の規格ISO14024「タイプT環境ラベル制度」に基づく認定制度です。1989年に創設され(公財)日本環境協会が運営しています。環境への負荷が少ないなど、環境保全に役立つと認められる商品やサービスにつけられ、消費者が暮らしと環境の関係を考え、環境保全の面でより良い商品を選びやすくすることを目的としています。
エコマークでは環境に配慮した飲食店の普及を後押しするため、ライフサイクルを考慮した総合的な環境配慮の取り組みを評価する飲食店の認定制度としては日本で初となるエコマーク「飲食店」認定基準を2017年9月1日に制定しました。認定基準は6つの評価カテゴリーに分けられ、省エネ・節水などの基本的な環境対策に加えて、食材の環境配慮、食品ロス削減に向けた食べ残しが減るような啓発や運動などの消費者の理解を深める取り組みを評価する内容になっています。
これらの基準に対し、高いレベルの取り組みがなされていると認められたエコマーク認定店舗が、2017年10月20日に初めて誕生しました。

エコマーク商品認定証

ページのトップへ